MENU

Wooting 60HEをカスタムして白いキーボードにした

Wooting 60HE

VALORANTユーザーの中で評判が高いWootingですが、デフォルトでは黒いケースに黒いキーキャップです。

個人的にはデフォルトの見た目が好きではなかったので

ケースとキーキャップを購入して白いキーボードにカスタムしました。

これで、機能も見た目も満足なWootingができあがります。

カスタムを検討している方は参考まで。

目次

Wooting 60HEをカスタムする前に

まず、自分がWooting 60HEのどこをカスタムしたいか決めましょう。

  • キーキャップ
  • キースイッチ
  • ケース
  • ケーブル

Wooting 60HEのキースイッチは重い?

購入前、Wootingの押下圧は他のキーボードと比べて重い、という口コミを見かけました。

しかし、実際に確かめてみると軽く感じました。一緒にキースイッチを購入する場合は注意が必要です。

「重い」「軽い」は個人差があります。実際に確かめてからキースイッチの購入をおすすめします。

私はキースイッチに不満はなかったため、キーキャップとケースのみ換装になりました。

Wooting 60HE対応のケースとキーキャップ

互換ケース

ケースはWooting 60HE – Case compatibilityで確認しました。

Statusに「Compatible」と書かれていれば互換性があるためWootingで使えます。

この中で特に人気が高かった「Tofu 60 Redux」をKBDFANSで購入しました(海外のサイトです)。

見た目も品質もよかったのですが、かなり重たくなります。1kgぐらいあります。

互換キーキャップ

Cherry stem keycapsと互換性があり、+マーク目印です。

Wooting公式から引用

私は ”ふもっふのおみせ” でDucky Seamless Legend Pudding Keycap Set Whiteを購入。

WootingをUS配列で購入したならキーキャップもUS配列を選びましょう。

Wooting 60HEをカスタマイズ

交換するパーツがそろったら、いよいよカスタマイズです。

キーキャップとケースのみの場合は比較的かんたんにできます。

キーキャップを外すにはキープラーが必要です。

キープラーはWootingを購入する際に一緒に購入することもできます。

STEP
キーキャップを外す

キープラーを使ってキーキャップを外していきます。

STEP
ネジを外す

ケースと基板がネジでとまっているので外します。

写真ではキースイッチまで外していますがキースイッチを交換しない場合は外さなくてOK。

STEP
互換ケースと互換キーキャップに交換

はめるだけなのでお手軽に交換できます。

何も見なくても分解はわかると思いますが、

もしわからない場合、YouTubeで検索すれば分解解説動画が山ほど出てきます。

Wooting 60HEが白いキーボードに!

ケースとキーキャップだけの交換でもこんなにステキなキーボードになります。

Tofu 60 Reduxというケースは人気なだけあってめちゃめちゃいい。変なズレとかもありませんでした。

ライティングするとこんな感じ。

今回使ったキーキャップが部分的に半透明になっていて、

光がぼやっとするタイプなので光が強すぎず幻想的な雰囲気を演出してくれました。

まぁ、光はツールで調整できますけど・・・。

ふもっふのおみせでは魅力的なキーキャップが購入できるので、気になる方はチェックしてみてください。

Wootingの場合はCherry MXと書いてあるキーキャップなら交換できます。

カスタマイズするとテンション上がるし、ゲームをやるときも気分がいいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次